幸福うずら産業株式会社 うずら卵は、風味豊かなヘルシーフードです。
 HOME > 会社案内
INDEX

会社案内へ

ごあいさつ

 当地では以前より、その地理的条件等から養鶉が盛んで、生産量日本一を誇って参りました。
 当社はその中にあって、常に斯業界を取り巻く諸環境の改善と設備の近代化を計り、生産性の向上のため邁進してきました。
 優良生産者のグループ化による美味しい卵づくりや滅菌処理・洗浄設備及び包装製品の自動化による近代的な作業環境の構築など、どれも人まねではない、全く独自の工夫によるものと自負しております。
 うずらの卵は、10g程と、こぶりながら栄養価の高い優れた食品です。その栄養成分は鶏卵とよく似ていますが、野生に近い鶉の飼料は高タンパクを必要とし、トウモロコシ、大豆かすを主原料に魚粉も多く含まれている為、風味豊かなヘルスフードとして食卓に彩りを添え、親しまれております。さらに、消費者ニーズも安心、安全おいしいを求める中、より清潔なうずら卵にとオゾン洗浄したポーションパック1個詰が、蕎麦に付けると大手コンビニ様のご支持を頂、全国展開しています。今後も、日々新たな発想で生産者、社員と共によりよいものを創り出し、広く皆様の食にバラエティを広げ健康保持にお役に立てる事が私の喜びであり理想とするところであります。




会社概要

商号 幸福うずら産業株式会社
所在地 〒440-0833愛知県豊橋市飯村町字高山1−7
電話 0532-63−1154
ファックス 0532-63−0308
設立 昭和63年3月
資本金 3,400万円
社員数 15人
仕入先 特約養鶉農家(飼育羽数30万羽)
生産日卵数 20万個
事業設備 うずらパック詰自動機・・・3台
うずらパック1個詰自動機・・・2台
うずら卵洗浄機・・・5台
オゾンボックス・・・2台
オゾン発生機・・・1台
工場内オゾン発生機・・・2台
欠卵チェカー・・・1台
金属探知機・・・1台
フォークリフト、車両他
販売先 東西、中部、四国、中国、九州、東北各地、全国域
全農、各鶏卵販売会社、加工会社
事業目的 1.鶉卵の購入及び販売
2.鶉卵の加工及び加工品の販売
3.鶉肉加工品の販売
4.養鶉業のための資材の購入及び販売
5.前各号に附帯する一切の事業




沿革

昭和63年3月 豊橋市飯村町字寺前50番地の1に事務所創立。商号は「幸福うずら産業株式会社」とする。
昭和63年5月 豊橋市飯村町字高山1番地の7に本社及びGPセンター創設。
昭和63年7月 うずら卵自動パック詰機を開発1号機として導入。
平成2年1月 うずら卵自動パック詰機の2号機を導入。第2GPセンター新設。
平成4年 うずら卵自動パック詰機の3号機を導入、卵洗浄機。
平成6年 関発1号機、2号機、3号機導入、オゾンボックス設置。
平成7年 オゾン発生機、オゾン水処理システム導入。
平成8年 うずら卵自動パック1個詰機関発導入。
平成16年 GPセンターのゾーニング。(改修)




アクセスマップ


ここをクリックすると大きな地図が表示されます



Copyright(c) 幸福うずら産業株式会社 All Rights Reserved.